薄毛の大敵「冷え性」をブロックしたい人へ。湯たんぽがおすすめ。

薄毛の女性にオススメなのが湯たんぽ

今回の記事は、「薄毛の大敵「冷え性」をブロックしたい人へ。湯たんぽがおすすめ。」という内容です。

最近だんだんと寒くなってきましたので、冷え性が気になりませんか?

薄毛の女性にとっては、冷えは最大の敵です。

私は特に、朝起きた時に体冷えていると感じます。

そのため、寝ている時の保温ケアも大事にしていますよ☺

そこで今日は、私の湯たんぽの使い方をご紹介します…!

 

湯たんぽをオススメする3つの理由

薄毛の女性にオススメなのが湯たんぽ

めいうさぎ

個人的には、湯たんぽがオススメな理由は3つあります。

  1. 保温性が7時間も続く
  2. 電気こたつよりもエコである
  3. 日中も就寝時も使える
  4. 自然な温かさがある

ほんのり、じんわりとした温かさを感じることができます。

注意
湯たんぽを使用する時は、低温やけどに気を付けて下さい。

湯たんぽの表面温度が50℃の時は2〜3分、46℃の時は30分〜1時間、44℃の時で3〜4時間、同じ場所に接触していると低温やけどを負うと言われています。

 

湯たんぽの作り方

私は電気ケトルで、お湯を沸かして注いでいます…!

なんとこれだけです!

湯たんぽの作り方

電気ケトルは、スイッチを入れればお湯が沸くので、楽ちん。

ケトルで沸かすお湯の量も、1回分だけでOK!

温度が高いと低温やけどになるので、少し冷ましてから入れています。

湯たんぽを作る前にお湯を沸かそう

後は、付属の専用のカバーに入れて使うだけです。

カバーに湯たんぽを入れた状態

最近の湯たんぽには、カバーが付属されているので自分で用意しなくても良いので便利です。

※付属のカバーの方が厚手の事が多いです。熱さをダイレクトに感じないためにも、カバー付きを選んでみましょう。

またどうしても熱い時は、低温やけど防止のため、上からタオルでくるんでいます☺

 

湯たんぽで温める箇所

めいうさぎ

実際に私が、湯たんぽで温めているのは、下半身です。

①足の先

足先は冷えやすいので、直接温めると冷えに効果的です。

湯たんぽで足先を温める

 

②ふくらはぎ

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれています。

言わばポンプの役割を果たします。

そのため温める事により、血管が刺激されて、血液の循環が良くなります。

湯たんぽでふくらはぎを温める

 

③内もも

内ももに湯たんぽを使う時は、挟んで使っています。

内ももにはリンパが通っているので、ここを温める事により温かい血液が全身に流れます。

また老廃物の排出を活発化することができます。

湯たんぽでうちももを温める

 

おまけ:手のひら

手のひらを温めると、リラクゼーションの効果があるそうです。

筋肉の緊張がほぐれて、副交感神経が優位になるそうです。

手を温めると、不思議と安心感が生まれるのは、この理由からだったのですね。

湯たんぽで手のひらを温める

 

湯たんぽの種類もたくさんある

最近の湯たんぽは、たくさんの種類があります。

私の使っている湯たんぽは、ポリ湯たんぽというものです。

その他にも、足に履くタイプや、潜水スーツの素材のものもあります。

MEMO
潜水スーツの素材は、低温やけどになりにくいみたいです☺

電子レンジチンするタイプもあります。

以前使っていたのですが、保温性は低いですね…

ただ、こちらの方がお手軽なのですぐ使いたいときに便利です☺

ぜひ、湯たんぽを使って、体を温めてくださいね。

では今日はここまで。

今回の記事は、「薄毛の大敵「冷え性」をブロックしたい人へ。湯たんぽがおすすめ。」という内容でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。