【薄毛を隠す?!】女性の薄毛をカバーする帽子はこれ!

帽子をかぶって笑う女性

今回の記事は、【薄毛を隠す?!】女性の薄毛をカバーする帽子はこれ!という内容です。

私は、普段からよく帽子をかぶるのですが、薄毛隠しにはもってこいですよ☺

帽子をかぶった時は、髪がぺちゃんこになったり、蒸れたりすることもあるかもしれません。

でも長期的に考えると、外部の刺激(紫外線、化学物質)からも髪の毛を守ってくれますし、

何より他人の目線が気になることもありません…!

この記事では、おすすめの帽子や、適切な被り方もご紹介しますね…!

 

 

◆帽子を選ぶポイントは、「オシャレ感」「サイズ感」「季節感」

ますお伝えしたいのが、帽子を活用して薄毛を隠す時のポイントです、

ポイントは3つあります。

めいうさぎ

普段の帽子選びと違うところもあるので、解説しますね。
  1. オシャレを意識する
  2. サイズが少し大きめを選ぶ
  3. 季節やシチュエーションごとに購入

 

オシャレを意識する

女性の薄毛を隠す帽子はおしゃれなものを選ぼう

まず初めに意識して欲しいのが、デザイン性を重視しておしゃれ感を出すことです。

薄毛を隠すこと=コンプレックスを隠すことになります。

そのため、臭いものには蓋ではありませんが、マイナスからのスタートです。

この時に、デザイン性の低いものをかぶると、いかにも隠している感じが出てしまいます。

自分の気に入ったおしゃれな帽子をかぶると、マイナスな気持ちを消してくれますし、美意識も上がります。

デザイン性は重視してみて下さい。

 

サイズが少し大きめを選ぶ

薄毛女性が帽子を買うなら、大きめをチョイス

サイズ感は少し大きめを選びましょう…!

頭皮を締め付けるような帽子は、血流を阻害してしまいます。

かといって、ぶかぶかのサイズを買うと、頭から落っこちてしまいます。

「少し余裕があるな」のくらいのサイズを選んでください☺

素材によりますが、被っていくうち、洗濯するうちに、生地が伸びそうな帽子もありますよね。

その場合、最初からピッタリ目を購入するのも良いと思います…!

頭皮の締め付けを感じたら?頭皮の血流を良くするマッサージを>>こちら

ハゲのカリスマと呼ばれるサイエ式女性の育毛プログラムを考案された小林弘子先生たった90日で、92.1%の女性の髪が生えた!サイエ式頭皮マッサージとは?

 

季節やシチュエーションごとに購入

帽子

薄毛を隠す目的以外で帽子を購入する時にも、使えます…!

やはり服と同じで、季節やシチュエーションごとに購入してくださいね。

例えば、冬用のニット帽を夏にかぶると、頭皮が蒸れてしまいますよね。

また、夏は通気性の良い麦わら帽子が活躍しますよね☺

オールシーズン使える帽子もありますが、頭皮の事を考えると季節に合わせるのがおすすめです…!

 

◆薄毛隠しにおすすめの帽子は3つ!

薄毛女性が帽子を買うなら、シチュエーションにこだわって

私がよく活用しているのは、3種類の帽子です。

  • キャスケット
  • ハット
  • ベレー帽

 

キャスケット

キャスケットは、綿の素材のものが多いと感じます。

そのため、季節関係なく使用できます。

ただ、最近の夏は気温が高いので、綿でも暑いかもしれませんので注意が必要です💦

また、キャスケットは、個人的にオシャレなイメージです。

髪の毛が長い人であれば、見えている髪をまとめるとおしゃれ感がでます☺

 

ハット

ハットは、麦わら帽子から、普通の綿の素材までとにかく種類がたくさんあります。

私は、普段は綿の帽子で、夏は麦わら帽子をかぶります☺

綿の素材は洗濯も楽ですよ。

 

 

ベレー帽

ベレー帽は、絵描きさんが被るような帽子です。

この帽子の良いところは、ファッション性が高いので、屋内でもかぶったままで大丈夫なことです。

大体の帽子は、屋内で脱がないといけないですよね。

その時に、帽子を脱いだら髪がぺったんこ…なんてことがあるかもしれませんが、

でもベレー帽は屋内で被ったままでも、馴染みます。

また、ふんわり被ることもできるので、髪のボリュームも阻害することが少ないです。

 

◆帽子で薄毛になるって聞いたけど大丈夫…?

悩む薄毛女性

帽子をかぶる時に気になりますよね。

「帽子をかぶって、薄毛にならないか?」ということ。

私も昔は、帽子を被っていたら薄毛になるのではないか?と思っていました。

でも、帽子のせいで薄毛が進行していると感じることはありません。

通気性が悪いから薄毛になる訳ではないですし、頭皮自体を傷つける紫外線から守ってくれるんです。

何より、自分が頭皮を見られているという感覚がななくなるので、精神的に楽になれます。

育毛の専門家のハゲのカリスマも、帽子の必要性を唱えていらっしゃいます。

サイエ式女性の育毛発毛プログラムの目次写真

 

◆帽子の適切な被り方ってのポイント3つ!

では、帽子の適切な被り方はどのようなものでしょうか?

下記3点に気をつけてみて下さい。

  1. 帽子の被り直しをこまめにする
  2. ピッタリサイズの帽子は購入しない
  3. 帽子で髪の毛を押さえつけない

 

帽子のかぶり直しをする

帽子をかぶり続ける事によって、薄毛が進行することはありません。

ただ、汗をかく時もあるので、ベタベタすると感じることもあると思います。

その日のうちにしっかり洗い流せば大丈夫だと思いますが、

こまめにかぶり直しを意識しましょう。

私も外出したときは、トイレに行くたびにかぶり直しをしています。

めいうさぎ

頭皮が蒸れて、気持ち悪いを解消できます☺

 

ピッタリサイズの帽子は購入しない

帽子選びのポイントでも、書きましたがサイズがぴったりすぎるよりも、余裕のあるものを選びましょう。

その方が、頭皮も締め付けられることなく、楽になるからです。

また、アトピーや皮膚の弱い方は、帽子の素材があっているか確認しましょう。

薄毛の女性の場合、髪の毛が少ない箇所においては、頭皮と帽子が直接触れてしまう可能性もあります。

私も冬場の場合は、フェルトやもこもこの素材は、かゆくなることもあるので避けています。

保温性があるので、あったかいんですけどね…

 

帽子で髪の毛を押さえつけない

ふわっと空気を持たせたままかぶることを意識しています。

その方が、髪の毛がペタンコになりにくいですし、蒸れにくいと感じます。

先ほど紹介したクラシックチェックベレーは、ふわっとかぶれるのでお勧めです。

◆実際どんな時にかぶっている?

私が使っているシチュエーションはすごく限られています。

めいうさぎ

外的環境も含め、そのままの髪で外出しても大丈夫なら、被らないです。

☑近所のスーパーに買い物に行くとき

☑前日に湯シャンをした時で、べたつきが気になる時

☑アウトドアに行くとき

☑紫外線を浴びたり、黄砂や花粉が気になる季節

☑紫外線が強い時間(お昼の14時ごろ)

 

◆まとめ

帽子をかぶって笑う女性

いかがでしたか。

目先の利益だけを考えると、帽子は被りたくないかもしれません。

蒸れることもありますし、髪の毛がぺたんこになってしまいますからね。

ただ、あなたの頭皮を守るために、しっかりと役割を果たしてくれます。

一度使い始めたら手放せないはずですよ☺

ぜひ、活用にしてみて下さい…!

・帽子を選ぶポイントは、「オシャレ感」「サイズ感」「季節感」

 

・帽子の適切な被り方を意識

 

・自分が使うシチュエーションを考えてみよう

帽子をオシャレに使いこなして、薄毛隠しとしてもファッションとしても楽しみましょう…!

では今日はここまで。

今回は【薄毛を隠す?!】女性の薄毛をカバーする帽子はこれ!という内容で書きました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。